取扱商材

デジタルワークフロー 電子承認忍者

3月 3, 2021 | サービス等, ソフトウェア, 取扱商材

電子承認忍者

管理者がいらない、丸投げのクラウド型ワークフローシステム ※「Streamline」OEM製品

こんな悩みをお持ちではありませんか?

  • テレワークが始まったが紙による申請書が残っている為、出社しないといけない

  • 紙の書類から電子稟議システムへの切り替えは社員への教育など時間がかかる

  • メールへの添付だと会社として統制ができなく、メールに埋もれて必要な承認がまわらない

  • 書類のテンプレートがどこにあるかわからない

  • 自宅(社外)からだと社内文書にアクセスできない

そのお悩み解決できます!

ポイント1

どこからでも申請・承認(捺印だけの登社は不要)!

「電子承認忍者」は、ネット環境とPC・スマホ・タブレットがあれば、外出先や出張先、自宅でのテレワーク時でも利用が可能です。

いつでもどこでも、申請・承認をスピーディに行う事が可能です。

ポイント2

稟議書・申請書など、なんでもかんたんに作成が可能!

「電子承認忍者」は、導入時に稟議書・購入申請書・休暇届・出張申請書・経費精算書の書式を標準装備しています。

また、テンプレートを約100種類用意しています。

今まで使っていた書式をそのまま利用できるので、導入のための特別な教育は必要ありません。※書式変換技術は「特許取得済み」

ポイント3

組織変更も楽々対応

「電子承認忍者」は、直感的な設定画面で分かりやすいUIで難しい設定一切不要です。

そのため、大幅な組織変更にも、すぐに対応可能です。

未来の組織を予め作成できるので、組織変更当日の作業負荷を軽減できます。

ポイント4

丸投げで管理者がいらない

「電子承認忍者」は、紙の稟議書・申請書をなんとかしたいとお考えのお客様へ、丸投げでできるデジタルワークフローです。初期導入時に、ユーザ登録・承認ルート(2ルート)・書式(5フォーム)を作成し、運用開始後もユーザ情報変更(随時)・承認ルート追加変更もしくは書式追加変更(月1回迄)をサポートします。

お客様の声

標準プラン

【月額プラン】

9,900円/月額(最大30ユーザ)

16,500円/月額(最大50ユーザ)

※初期導入無料

【年額プラン】

118,800年/年額(最大30ユーザ)

198,000円/年額(最大50ユーザ)

※初期導入無料

ワークフローシステムとは?

従来は紙書類でやりとりされていた申請書や稟議書など、申請・承認・決裁業務をすべてオンライン上で電子化したシステムのことをワークフローシステムといいます。

※ワークフローとは「業務や決裁についてのやりとりの流れ」のことを指します。

稟議書などをデジタル化することにより、決裁スピードの向上、ペーパーレス化による業務効率化、業務や決裁プロセスの標準化(ルール化)や、決済履歴をすべてデータ保存できることで内部統制の強化を図ることが可能です。

ワークフローシステム導入のメリット

①決裁時間の短縮:「1週間前に申請した稟議、今どこで止まってるんだろう?」なんて、よくありますよね。ワークフローシステム導入後は「えっ?さっき申請した稟議がもう決済されたの!」という組織に早変わり。さらに、いま申請書がどこにあるのかもひと目でわかるので業務の停滞を防ぐことが可能です。

②テレワークに対応:ワークフローシステムを使えば、出張先、外出先、テレワーク時の自宅など、いつでもどこでも申請、承認、決裁作業が可能。意思決定のスピードアップが図れます。

③書類のペーパーレス化でコスト削減:紙の場合、紙代、コピー代、郵送代のほかにファイリングや保管のためのスペース、さらにその整理にかかる人件費も。過去の膨大な資料から目的の書類を探すのも大変。ワークフローなら、必要な書類は「検索」で一瞬で探すことが可能。ファイリング、保管場所の心配も不要。同じような申請を定期的に行う場合、書類をいちから作らなくても過去書類をベースに作成、作成時間の削減も可能です。

「電子承認忍者」2カ月無料お試しフォーム

4 + 1 =

ご利用規約をよくお読みください。

申込みを行うと以下の本規約の全ての条件に同意したことになります。

本規約は、会員と株式会社ITアンビシャス(以下「当社」と呼ぶ)との間で、電子承認忍者(※Streamline ワークフローOEM製品(以下「対象製品」と呼ぶ)の会員専用サイト(以下「本サービス」と呼ぶ)の利用に係わる一切の関係に適用されます。会員は本サービスの申し込みにあたり、本規約の内容を承諾するものとします。また、本サービスの利用があった場合には、会員は本規約の内容に承諾したものとみなします。

1.1.会員の定義

会員とは、本規約を承諾の上で、当社の指定する手続きに基づき本サービスの開設を申し込み、当社がその利用を承認した個人、企業、もしくは団体を指します。

1.2.会員の承認と取り消し

当社は本サービスの申し込みを行った個人、企業もしくは団体が、以下のいずれかの項目に該当する場合、会員としての承認を行わない場合があります。また、会員として一度承認された場合でも、承認された会員が、下記のいずれかの項目に該当することが判明した場合、承認を取り消すことができるものとします。

a.当社の定める申し込みの手続きを経ずに、会員になろうとした場合、もしくは会員になった場合。

b.申し込み時に記入した内容に、虚偽記載や記入漏れ等があった事が判明した場合。

c.過去に規約違反などにより、会員資格の取り消し、除名処分などが行われていたことが判明した場合

d.当社の競合他社等、導入のための検討を目的とせずに、契約を行おうとしていることが判明した場合。

e.その他、当社が会員として不適切であると判断した場合。

1.3.会員の設備

会員は、本サービスの利用に必要なインフラやソフトウェア、機器などを自己の責任と費用で準備するものとします。

2.1.サービス利用の目的と範囲

a.本サービスで会員に許諾されるのは、対象製品の使用権のみであり、本利用規約に記載の無い事項については、全て当社に留保される事を会員は確認するものとします。

b.会員は本サービスで許可される機能(セキュリティ面で許可されないパスの変更、データソースの変更等を除く 全ての機能)を使用し、フォーマット、申請ルートなどのデータを自由に作成する事ができるものとします。

c.会員は、本サービスで提供されたユーザーアカウント、及び本サービスで会員自身が作成したユーザーアカウントを、会員組織(お試しサイト申し込みの際に記入した会社名・組織名で、会員が所属する組織とします。)に所属するメンバーに限り、利用させることができます。その場合、当該メンバーはこの規約に同意するものとします。

2.2.サービス利用の開始

会員からの申し込みに応じて、当社が会員専用のエリアを作成し、開設を通知する電子メールが会員に届いた時点で、本サービスの利用が開始されるものとします。

a.当社から会員への本サービスに関する利用、継続、その他の連絡は、基本的に電子メールで行われます。

b.電子メールアドレスの変更・削除、その他ネットワーク的な理由等を問わず、電子メールの不達により会員が知りえなかった情報によって、本サービスの利用に支障をきたした場合でも、当社は一切の責任を負わないものとします。

2.3.サービス利用の試用期間

a.会員は、本サービスを対象製品の導入を検討する目的においてのみ、試用することができます。

b.本製品の次期バージョンアップ製品の発売日より遡って1ヶ月前を期日として、会員は本サービスの試用権を失うものとします。

c.試用期間は当社が承認した会員が1回のみ利用できます。

2.4.サービス利用の継続(本契約)

本サービス利用中の会員に対し、当社は定期的に電子メールを使って、サービス継続の意思を確認します。その結果によって、当社は下記に示す対処を行うものとします。

a.会員から継続の意思が示され、当社の定める期間内にサービス利用料金の支払いを行った場合は、本サービスは稼働中のまま継続されます。

b.当社からの継続意思確認メール送信後、会員からの返信が1週間以内に無い場合、当社は会員の本サービスを自由に停止できるものとします。また、停止した本サービスは当社の判断により、自由に削除できるものとします。

c.会員が電子メールによってサービスを継続しない意思を示した場合は、当社は会員の本サービスとその登録データをすみやかに削除するものとします。

2.5.サービス利用の中止

会員の利用方法が適切でないと当社が判断した場合、会員は本サービスの利用を即座に停止しなければならないものとします。また、その場合当社は即座に本サービスを停止させることができるものとします。

3.1.データの帰属

a.会員が本サービスで作成したフォーム、経路、組織情報、及びその他あらゆる方法で作成したデータ  (以下「作成データ」と呼ぶ)については、創作性が無いものとします。

そのため「作成データ」の著作権は会員、及び当社、その他第三者を問わず、誰の著作物としても認められないものであることを確認します。

b.当社は、次の目的以外で「作成データ」を使用することはできないものとします。

ア)「作成データ」を作成した会員向けの本サービスに対するメンテナンス、サポート、情報提供

イ)本サービスの安全な運用・利用に支障をきたす情報が、「作成データ」に含まれていないかを確認するための監視

c.当社は「作成データ」を自己の判断により自由に削除できる権利を持つものとします。

3.2.データの保証

a.会員は、漏洩・消滅・破損した場合に支障をきたすおそれのある情報は、本サービスには登録してはならないものとします。

b.会員の「作成データ」が漏洩・消滅・破損した場合でも、当社はそれらの保証は行わないものとします。

c.会員の「作成データ」が漏洩・消滅・破損した事により、会員および第三者が損害を被った場合でも、当社は一切の損害賠償責任を負いません。

d.本サービスにアクセスした事、またはアクセスを試みた事で、会員、及び第三者が、ウイルス感染、フィッシング、その他あらゆるハッキング行為に関する被害を被った場合でも、当社は一切の損害賠償責任を負いません。

3.3.ID及びパスワードの管理責任

a.会員は、本サービスを利用するためのIDおよびパスワード等を自己の責任において管理するものとし、その漏洩、使用上の誤りまたは第三者による不正使用等により損害が生じても、当社は一切責任を負わないものとします。

b.会員は、本サービス及び本システムの利用に必要となるIDおよびパスワード等を当社から貸与されます。会員は、これを会員の責任で管理し、会員の従業員以外の第三者に開示・提供しないものとします。

c.会員は、前項に従い当社が貸与したIDまたはパスワードの漏洩、使用上の誤り、第三者による不正使用等により、当社に損害が生じた場合には、これによって生じた一切の損害を当社に賠償する責を負うものとします。

3.4. データ容量管理

特定の会員が使用するデータ容量、ネットワーク帯域等が、他の会員と比較して著しく増加していると判断した場合、当社は当該会員に対するストレージの利用制限、及び本サービス利用の一時停止、調査などを行うことができるものとします。

4. 禁止事項

会員は、以下の項目に該当する行為は行わないものとします。これらの項目に該当する行為が行われた場合、または行われる危険性があると当社が判断した場合、当社はその理由を会員に説明した上で、サービスの提供停止、「作成データ」の削除を含む、適切な対策を取る事ができるものとします。

a.本サービスに関して与えられた権利についての、譲渡、貸与、転売、担保設定。

b.本サービスで提供されるユーザーアカウントの譲渡、貸与、転売、担保設定。

c.本サービスを使って会員が作成したユーザーアカウントの譲渡、貸与、転売、担保設定。

d.本サービスで提供されるアカウント、もしくは本サービスを使って作成したユーザーアカウントを、当社の書面で

の許可なしに、会員組織以外の第三者に使用させること。

e.本サービスの運営を妨げるような行為。

f.他の会員、第三者、当社の信用、プライバシーを侵害する行為。

g.本サービスで知り得た情報を利用、もしくは第三者に流す事で営利活動を行うこと。

h.犯罪行為、もしくはそれにつながる行為。

i.公序良俗に反すること。

j.その他、法令に違反すること。

k.その他、当社の判断により会員として適切でないとされる行為。

5. サービスに対する保証の制限

a.当社は本サービスが、会員の要求を満たすものであること、瑕疵が存在しないこと、正常に動作する事、また瑕疵が発見された場合にこれが修正されることの、いずれも保証いたしません。

b.当社は本サービスの紹介サイトに記載の動作、機能と搭載される機能が本サービスと一致する事を、保証しない

ものとします。

6.1. サービスの停止

本サービスの提供は、次のいずれかに該当する場合、計画停止、緊急停止する事があるものとします。

a.サービスを提供するためのインフラ(電気設備、ネットワーク等)のメンテナンス、保守工事があった場合、及び

これらにやむを得ない障害が発生した場合。

b.サービスを提供するためのインフラ(電気設備、ネットワーク等)提供者により、インフラの提供が中止・停止

され、サービスを提供できなくなった場合。

c.サービスを提供するシステムに、過大な負荷がかかった場合、及び、障害の発生により、通常のサービスを

提供する事が困難になった場合。

d.安定した運用のために、メンテナンスを目的とした定期的なサービス停止が必要と判断した場合の、定期

サービス停止。

e.サービスを提供する事で、会員、及び第三者が損害を受ける可能性を認知した場合。

f.天災地変、戦争、内乱、法令の制定改廃その他の非常事態が発生した場合、またはそのおそれがある場合。

g.本契約に違反した場合。

h.その他、当社がサービスの停止・緊急停止の必要があると判断した場合。なお、当社は会員及び第三者からの

サービスの停止要請があった場合も、原則としてこれを受け付けないものとします。

6.2. サービスの停止要請

当社は、本サービスのサービスを停止する事、停止できなかった事について、会員及び第三者が損害を被った場合でも、一切の損害賠償責任を負わないものとします。

6.3. サービスの中止・変更

当社は、会員の認知如何に関わらず、自己の都合により、本サービスの機能、サービス内容、サービス提供の一部、または全てを変更、及び中止できるものとします。

7.会員による本契約の解除

本利用期間中であっても、会員が当社に書面または電子メールにて通知した場合、会員は本契約を解除できるものとします。この場合、当社が通知を受領した30日後に本契約が終了するものとします。但し、本サービス利用申込時に指定した利用期間の残存期間に相応する利用料金は返還されません。

8.サービス終了時(契約終了時)の処理

本契約が終了した場合、終了時に本サービスおよび本システムに登録されている、会員が入力および送信したデータを含む本サービス利用により生じた全てのデータは当社の裁量により当社が削除します。

9. 責任の制限

本サービスにおける対象製品の利用に関する全ての責任と危険は、会員が負担するものとし、当社は一切その責任を負わないものとします。

10.損害賠償

a.会員が、本規約の違反により当社に損害を与えた場合、会員は、当社が被った損害を賠償する責めを負うものとします。

b.会員が本サービスの利用により第三者に対し損害を与えた場合、自己の責任でこれを解決し、当社を免責し、損害を与えないものとします。

c.当社は、本規約に特別の規定がある場合および当社の故意又は重大な過失がある場合を除き、本サービスの利用により生じる結果について、会員その他いかなる者に対しても、本システムの不具合・故障、第三者による本システムへの侵入、商取引上の紛争、その他の原因を問わず、いかなる責任も負担しないものとします。

d.当社が会員に対し損害賠償責任を負う場合、当社が負担する賠償金の累積額は、会員が当社に支払った本サービスの利用料金の直近6ヵ月分の合計額(6ヶ月に満たない場合は当社に支払った本サービスの利用料金の総額)を上限とします。

e.当社は、本規約に特別の規定がある場合を除き、いかなる場合にも、自己の責に帰すことのできない事由から生じた損害、予見の有無を問わず特別の事情から生じた損害、間接的損害、派生的損害、逸失利益並びにデータおよびプログラム等の無体物に生じた損害については、賠償責任を負わないものとします。

11. 本規約の適用及び変更

a.当社は、本規約をいつでも変更、追加、削除できるものとします。規約の変更、追加、削除があった場合、ホーム

ページへの掲載、もしくは当社が合理的と考える方法によって、会員にその内容を通知するものとします。

b.本規約に変更があった事が通知された後に、会員が本サービスを継続して利用した場合には、変更された規約を

承諾したものとみなします。

c.本規約は、会員と会員によりユーザーアカウントを作成、貸与され、試用に参加する、会員組織内全ての利用者

にも適用されます。

12.秘密保持

a.会員および当社は、本サービスの利用により知り得た相手方の販売上、技術上またはその他の業務上の秘密を本サービス利用のためにのみ使用するものとし、相手方の承諾なしに第三者に公表しまたは漏洩しないものとします。ただし、法令により情報の開示を求められた場合は、相手方への書面による通知のうえ、開示することができるものとします。 但し、以下各号の情報は本条の秘密に該当しないものとします。

(1)既に公知の情報および開示後受領者の責めによらず公知となった情報

(2)本サービスにより知り得た以前から保有していた情報

(3)本サービスにより知り得た情報に依存せずに独自に開発・発見した情報

(4)正当な権利を有する第三者から秘密保持義務を負うことなく適法に入手した情報

b. 本条の規定は、本契約の終了後も3年間効力を有するものとします。

13. 準拠法と管轄裁判所

本サービスに関する全ての紛争は、その内容に係わらず日本法が適用され、訴訟の必要がある場合は、横浜地方裁判所を第一審の専属的管轄裁判所とします。

14. 協議

本規約に定めの無い事項については、当社と会員の双方で誠意をもって協議し、問題の解決に努力するものとします。

附則

本規約の制定:2021年4月1日 同日に実施。

(ここに文章を入力します)

オンラインショップ
POCKETALK
電子承認忍者
ミーディングオウル